本文へスキップ

ガーデンデザイナー、「庭」の設計・デザインを行う

ガーデンデザイナー認定制度/ガーデンデザイナー 資格

ガーデンデザイナー認定制度

ガーデニングデザイナー

ガーデンデザイナー認定制度

「ガーデンデザイナー認定制度」は、現代の生活者が求めるガーデンの楽しさを倍増させるための担い手をつくるために設立されたものです。

 
園芸ブームが言われて久しく、時代とともに形を変えて生活の中に園芸が定着し、新種の花々で飾られた大小のガーデンが街のそこここで見られるようになりました。私たちは、少しずつですが植物の知識を増やし、また美しく飾るための知識もさまざまな機会に蓄積してきました。 私たちは、植物の飾り方や楽しみ方の新しいノウハウを欧米、特にヨーロッパから吸収してきました。もちろん日本独自の庭への美意識に根ざしたノウハウは、めんめんと続き、ゆるぎのないものが確実にあります。
 
そして、ガーデンをデザインするということが言われるようになりました。このガーデンとは、現代のガーデンという意味でしょう。デザインという言葉の概念によって現代の(洋風)庭園の楽しさが、私たちに伝えられるようになったのは、まだ最近のことです。ガーデンを「デザインする」ことは、植物の楽しみを倍増するためには欠かせないものになりつつあります。「ガーデンのデザイン」は、時代の要請です。
 
一方、ガーデンをデザインする資格がわれわれに与えられていたわけではありません。むしろそのような技術を学ぶ場所もなかったといったほうがよいのでしょう。時代の要請にもかかわらず、ガーデンのデザインをささえてくれる(理念)バックヤードをもたないまま、誰もが勝手に前に進んできました。
 
日本ガーデンデザイナー協会は、このような時代の要請に応え、「ガーデンデザイナー認定制度」を設けました。




■受験料

13,000円


■受験資格

どなたでも受験できます。

■試験内容

講義受講 
筆記試験(教科書、参考図書、持込可) 
図面提出(試験日から1ヶ月以内)


■合格基準

筆記試験の点数と、筆記試験から1ヶ月以内に提出していただく図面によって、合否を決定いたします。
点数などの詳細はお答えできません。


■図面提出について

模写でも可ですので、庭の平面図、立面図、パース図の図面3枚を、試験後1ヶ月以内に事務局まで提出していただくものです。図面の内容も試験の採点に加算されます。

図面提出の詳細
1. 用紙はA4で提出してください。(一般のコピー用紙に準ずる紙質が望ましい)
2. 内容は、庭の平面図、立面図、パース図を提出してください。
  ただし各図は同一庭である必要はありません。
3. あくまで庭の全体像が把握できる図の、模写または個人のオリジナル実作図を提出してください。
4. 部分的な図、例えばトレリスにつる植物が絡まった図などは認められません。
5. A4用紙1枚に1種類ずつ、上記3種類を提出してください。
6. 色づけ自由です。
7. CAD制作図(ただし自作図)も認められます。
8. 他者に図で庭の全体像を伝えることができるというのが基本(出発点)です。
9. 8の基本的考え方にたって、どのようなものを提出すべきかを考えていただくのが趣旨です。


■問い合わせ先

日本ガーデンデザイナー協会
ガーデンデザイナー認定制度事務局
〒470-1112 愛知県豊明市新田町門先9-1ピアレス明和103号 
TEL.0562-93-6007  FAX.0562-91-1315


ガーデニングを学ぶ講座紹介


ガーデンデザイナー2級取得コース
ビオトープ管理者養成通信講座
造園施工管理技士合格コース
NHK学園 コンテナ菜園を楽しむ
バラ栽培の資格が取れる!ローズ・ガーデン講座
趣味を仕事に! ガーデンデザイナー1,2級取得コース
庭木の手入れが自分でできる!庭園技能講座
ガーデニングの資格が取れる!ガーデニング講座
NHK学園 わたし流ガーデニング
NHK学園 新・園芸入門
薬草の利用法から育て方までマスターできる!薬草ガーデン講座


ガーデニング 資格